【対決!】婚活サイトと結婚相談所のうち、早く結婚できるのはどっち?

婚活をやりたいと考えている方のうち、婚活サイトや結婚相談所を利用したいと思ったことのある方は少なくないでしょう。

では、結婚することをゴールとした場合、婚活サイトと結婚相談所では、結果が早く出るのはどちらのサービスでしょうか。
まず言えることは、結婚に対する考え方の違いや、サービスとの相性、結婚に対する条件の違いによって利用すべきサービスは変わるということです。
それを見極める必要がありますので、その方法をご提案しましょう。

自分で人生の伴侶を探したい、という方には(しかもリーズナブルである)

人に頼らず、自分で人生の伴侶を探したい、という方には、婚活サイトの利用をおすすめします。
しかし、そもそも自分で探すのであれば、結婚に関するサービスを利用しなくてもいいのでは、と思うかもしれません。
あくまで、婚活サイトは結婚相手を探すためのサポートに過ぎないことを認識しておく必要があります。

婚活サイトの利用をおすすめしたい男性の例として挙げられるのは、年収が800万円以上、いわゆるイケメンである(見た目の対外的評価が高い。若く見られる、ファッションに気を配っているなど)、高学歴である(世間的に評価の高い大学を卒業している)、実家を出て独り暮らしをしている、安定した職業に就いている、というプロフィールを持っていることです。

婚活サイトの利用をおすすめしたい女性の例として挙げられるのは、20代、もしくは若く見られる見た目であること、容姿が整っていること、体型、身だしなみともにファッショナブルであること、というプロフィールを持っていることです。

該当しない方には酷かもしれませんが、厳然たるデータとしてこういったプロフィールを持っている方々は自分で人生の伴侶を見つけられる可能性が高いと言えます。そのため、コストがかかる結婚相談所ではなく、婚活サイトの利用がおすすめです。婚活サイトだけでは不安な場合は、婚活パーティへの参加も検討してみましょう。

結婚相談所のプロのアドバイスが欲しい方には

これまで自分で伴侶を探したけれど結果が出なかったという方には、結婚相談所をおすすめします。
結婚相談所をおすすめしたい男性の例としては、40代以上である、年収が年齢の10倍の数字(42歳の場合、年収が420万円)以下である、自分の容姿に自信がない、女性とお付き合いした経験がない、もしくは少ない、という方です。
結婚相談所をおすすめしたい女性の例としては、年齢が36歳以上である、自分の容姿に自信がない、家事手伝い、あるいはパートであるという方です。

上述のような条件にひとつでも該当した方は、婚活サイトよりも結婚相談所のほうが結果が早く出る可能性が高いでしょう。

その大きな理由は、結婚相談所では、条件に近い相手をどんどん紹介してくれるためです。結果を早く出すには、とにかく出会いの回数を増やすことが大前提となります。結婚相談所はスタイリストのアドバイスも受けられるため、成功率は婚活サイトよりも格段に高いと言えるでしょう。

婚活デビューなら婚活サイトを、プロのサポートが欲しいなら結婚相談所を

婚活を始めるにあたって、サービスを選択しようとするとき、どちらが自分のニーズに合っているかを見極めなくてはいけません。婚活は必ずしも結果が出るとは限りませんが、プロの手によるサポートは捨てがたいものがあります。そのため、婚活デビューの場合は、とりあえず婚活サイトを利用してみましょう。婚活のノウハウが分かってきて、かつコストをかけられる状況であり、婚活のスピードを上げたいと考えるのなら、結婚相談所を利用するといいでしょう。

結婚相談所はデータマッチング型仲介型の2つのタイプに大別されます。
データマッチング型の特徴は、会員データを基にシステムが条件に合致した相手を選んでくれます。そのため、自分であれこれ悩む必要がありません。ただ、多くの出会いの機会は提供されますが、システムによるマッチングのため、サポートはそれほど期待できません。

仲介型とは、お見合いを仲介してくれるという意味です。1人1人にじっくり話を聞いて仲介者が相性などを判断した上で条件などのデータを基にマッチングされるため、成婚率が高いという特徴があります。ただ、仲介型は、会員一人に必要な時間が多くなることから、会員を厳選していて、入会審査が厳しいという面もあります。提出する書類も、独身証明、収入証明、住所証明、卒業証明など多岐に渡ります。成婚率の高さはこういった厳しい入会審査によって支えられているわけですね。

婚活サイトの大きなメリットは、自分の好きな時間に利用できることです。スマホからでも簡単にアクセスできますので、時間的な余裕がない人に向いています。逆に時間的な制約を受けるのを避けたいという方は、婚活サイトの利用をおすすめします。